ストレスの救世主「α波(アルファ波)」

瞑想状態の時に出るα波(アルファ波)は、ストレスが過剰になっている現代社会においていは、ストレスの救世主と言えるでしょう。
α波(アルファ波)は、脳波の波形の1つで、10サイクル、30マイクロボルトぐらいの電圧のものです。

α波はふつう大脳皮質の脳細胞の活動が低下したときに現われるのですが、具体的には、たとえば、いすに腰かけて目を閉じたまま何も考えない状態のことです。

つまり覚醒時の脳波なのですが、肉体的にも精神的にもリラックスした状態に出てくるのです。気持ちよく入眠するには、リラックスすることが必須です。

脳が緊張していたのではなかなか眠れません。そこでα波(アルファ波)が必要なのです。α波(アルファ波)を上手に使えば、心地よい眠りが得られます。では、どうやって作り出せばいいのでしょうか?

いろいろ方法がありますが、いちばん手軽で誰でもできるのは、入浴です。これによって交感神経が抑えられ、副交感神経が優位になってα波(アルファ波)が出てきます。眠る前に風呂へ入るのがよいのは、そのためです。
特に半身浴がもっともおすすめです。

入浴で芯からじっくり温める方法(半身浴)
https://constipation-guide.net/cold/?p=188

睡眠前にα波(アルファ波)が出る音楽もおすすめです。入浴後にα波の出る音楽を聞いてリラックスすればスムーズな入眠が可能になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください