十分な睡眠とは8時間という思い込みを捨てる

1日にいったい何時間眠れば十分な睡眠と言えるのでしょうか?実際に正常な睡眠時間とか異常な睡眠時間というようなものは存在しないのです。

わかりやすく類型化していうと、睡眠に対する考え方にはだいたい2つのタイプに分類できます。考え方や人生観とも少し似ている部分があるかもしれませんが

  • 眠りこそ人生でいちばん大事なもの
  • 眠っていては人生がもったいないという

2つの考え方です。

眠りを大事にする人間の例としてはアインシュタインやチャーチルなどが、また眠りがもったいないという人間の例としてはナポレオンやエジソンなどがあげられます。これはもはや価値観の問題です。

どちらがいいとは言いきれません。一般的には7時間から8時間の睡眠が必要だという固定観念があるようですが、それが誰にでもあてはまると考えるのは少し違います。

その人に必要な睡眠時間や十分な睡眠時間というのhは、身長や容姿などと同じように遺伝的に決まっています。
睡眠時間は8時間という固定観念にとらわれるより、自分に必要な睡眠時間を経験的に割り出して、それに見合った睡眠をとるようにした方が賢明でしょう。実験によると、7~8時間眠っていた人たちでも5時間までは簡単に短縮できましたし、それで非常に快適であるといった結果が出ています。

しかしそれを4時間に縮めると、行動の上でかなりミスが増えてくるようです。同時に勘違いなども増えます。しかし、4時間睡眠がベストという人もいるのでこればかりは適切な睡眠時間は個人個人異なります。
8時間睡眠にこだわりすぎるのは違うでしょう!ということです。

「十分な睡眠とは8時間という思い込みを捨てる」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です