睡眠薬を使うときは受診して医師の相談の上服用する

慢性的な不眠が続くとどうしても「眠れない」が頭の中を巡ってしまい考え方もまとまらなくなったり、集中力が失われてしまったりします。
なんとかぐっすり熟睡できる方法はないかと思うのが普通です。

それでついつい手を出したくなるものといえば、まずアルコール、それから睡眠薬でしょう。新しい睡眠薬は、昔に比べれば副作用が少なくなってきたので手軽に服用できるようになっています。処方箋不要で購入できる睡眠薬はこちらです。

といってやはり薬は薬です。使い方によっては副作用も心配です。しかし、眠れない日が何日も続くような場合は、薬も服用すれば、それなりの効果があります。いったん熟睡できればすぐに薬をやめれば習慣化することもないでしょう。
旅行のとき、入院のときなど限られた時だけ使う場合もあるでしょおう。

ただ、高齢者の場合は薬の分解能力が落ちているので、若い人に比べて副作用があらわれやすいので、最悪の場合、認知症に似たような症状を引き起こすこともあるのです。服用の際には、必ず医師と相談するようにしてください。それから、睡眠薬をお酒と一緒に飲むことだけは、絶対にNGですので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です