意外なリラックス効果!下着(パンツ)を脱いで寝る

眠る時の意外なリラックス方法として一時期「パンツを脱いで寝る」ことが注目されました。体験者の詣では、これが腰痛や頭痛、肩こり、冷え性、便秘、高血圧など実に広く、さまざまな疾患に効くというのです。

確かに、人間はもともと裸で眠っていたわけですし、体をしめつけるパンツを脱げば、それだけで血行もよくなるでしょう。もちろん、体を解放しリラックスして寝るのは、熟睡のためにもよいことです。

若い女性のように「体型が崩れるから」とブラジャーやガードルをつけたまま寝たのでは、とても熟睡は望めません。

冬は寒いので抵抗のある人でも夏になるとパンツを脱いで寝てみるものも試していただきたい快眠方法です。その方が熱も湿気もこもらずによく眠れます。おなかの冷えを防ぐためにパジャマは着て寝ていますが、これでもかなり効果があるのはいうまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください