どのくらいの時間なら眠らずに過ごせるのか?

睡眠の大切さや質の重要性などを訴えるものはたくさんありますが、では逆に眠らなかった場合はどうなってしまうのでそうか? それより何より眠らない時間はどのくらい可能なのでしょうか? これについては、それを実験例がいくつかあり […]

快食、快眠、快便は健康のために必須条件

「快食、快眠、快便は健康のために必須条件」というのは誰もが認める大事な3要素です。食事に気をつけたり、適度な運動をしたりといったことなら、自分で注意したり意識したりすることで実現できますが、快眠は、そうはいきません。 眠 […]

昼間の脳の疲労物質(ムラミルペプチド)が眠りを誘う物質

昼間、起きて活動している間に、脳内にはさまざまな疲労物質が溜まります。それが眠りを引き起こすのではないかという考えが、世界的に注目を集めています。 脳が働いているとき、脳細胞はいろいろなホルモンを出しています。すると、ど […]

毎日、目覚まし時計不要で定時に起きることができる人もいる

目覚まし時計がなるたびに「もう少し寝ていられたら…と思う人もいますが、真逆で目覚まし時計をセットしなくても、起きようと思ったらその時間にぴったり起きられる人もいるのです。 普通の人でも、たとえば明日は6時に起きなければい […]

新しいことを学習して脳を活発化させるとレム睡眠が増加する

少し前に就寝中に英語をかけて寝ている間に覚えるという学習法が注目を集めましたが、誰でも眠っているあいだにいろいろなことを記憶できたら、何も昼間せっせと勉強する必要はありません。 こうした睡眠学習は多分そんな世間の期待を受 […]

朝方に眠りに入る昼夜逆転型は睡眠が圧倒的に不足している

24時間営業のお店が急増した現代では、都市生活者の中には夜型生活を送っている人が急増しています。ワーキングスタイルが夜通しの仕事の人もいますし、緊急体制の場合、朝やっと帰れるという人もいらっしゃるでしょう。 日本では、以 […]

眠りの種類と性格が比例する

最近は、よく眠りの質について言われるようになりました。「8時間寝ないとダメ!「「6時間以上の睡眠は必要」などど言われたのは一昔前のことです。 ちなみに睡眠時間が6時間以下の人をショートスリーパー、9時間以上の人をロングス […]

ゴールデンタイムの睡眠を生活習慣に活用すれば肌も美しくなる

「昨日の飲み会が深夜2時までだったから今朝は肌がボロボロ」というような会話は女性のあいだでよく交わされています。睡眠不足と美容の関係、これは女性なら誰でも気になります。一般に、肌の美容のためには夜10時から12時までに眠 […]