快眠のコツは「少しだけ睡眠不足」

「睡眠負債」は借金のように溜まっていきます わたしの実家は小さな商売をしていました。子どものころ「商売は少しぐらい借金がないとダメなんだ」と親がいうのを聞いて、疑問に思ったことがありました。 おとなになった今なら、法人税 […]

ブログやアプリで睡眠日記をつける

スリープダイアリーで「眠り」を視覚化する 「レコーディング・ダイエット」は、とにかく食べたものはすべて記録して1500キロカロリー以内に収めるという、ローコストなダイエット法です。非常に人気で簡単にできるために大ブームに […]

快眠のための形状を追求した枕 テンピュール ミレニアムネックピロー

枕は、快適に眠るためには欠かすことのできない睡眠アイテムのひとつです。普段どんなによく眠れている人でも、旅行などで枕が変わると眠れないという人はいると思います。これには、もちろん心因的なものもあるのでしょうが、安眠のため […]

寝返りできない枕では快眠できない

「枕を高くして寝る」という言葉があります。心配事などが解消し、心おきなく寝ることができる、という意味で使われます。ただ、快眠のためにはおすすめできません。高めの枕を使うと首が曲がり、その姿勢で長年寝ていると、頚椎が圧迫さ […]

寝る前にゆっくりぬるめのお風呂に入る

何か忙しいことが重なったり、ストレスで体が疲れると「お風呂にでもつかってゆっくり入ろうか」と考えます。入浴がストレスを解消させ、リラックスした気分をもたらしてくれることは、現代の脳生理学でも確かめられています。 人間の眠 […]

寝過ぎは快眠とは逆効果になってしまう

睡眠不足が続いてしまうと頭がすっきりせず、仕事や勉強もはかどりません。まず、集中力はほとんど機能しません。それでは眠れば眠るだけ頭はすっきりするのかというと、そんなこともありません。 睡眠不足もいけませんが、寝過ぎもそれ […]

心臓、胃に負担がかかるため左を下にして寝るのはNG

英国には「王様は仰向けに眠り、賢者は横向きに眠り、金持ちはうつ伏せに眠る」という古いことわざがあります。眠りの姿勢によってその人の性格がわかる、ということでしょうか。 医師の間にも眠りの姿勢については、それぞれさまざまな […]

寝る時のイメージトレーニングも入眠に役立つ

有名なアスリート多くが「イメージ・トレーニング」を取り入れています。イメージ・トレーニングとは、プラスのイメージ、成功するイメージを頭に措いて暗示をかけ、自分を実際の成功へと導く方法です。 このイメージ・トレーニングは、 […]

睡眠薬を使うときは受診して医師の相談の上服用する

慢性的な不眠が続くとどうしても「眠れない」が頭の中を巡ってしまい考え方もまとまらなくなったり、集中力が失われてしまったりします。 なんとかぐっすり熟睡できる方法はないかと思うのが普通です。 それでついつい手を出したくなる […]

睡眠不足というストレス

現代人は、ストレス社会で生きていますからどうしてもそれなりに悩みもたくさん抱えています。「いつも寝つきが悪い」とか「朝起きてもだるくて起きられない」とか「どうも最近よく眠れないんだ」と口にしているのは、周囲に何人かいるこ […]