睡眠薬に頼らずに眠りたい!「快眠ぐっすり酵素」

不眠のときにどうしても頼りたくなるのが「睡眠薬」です。最近は、副作用のほとんどない「ベンゾジアゼピン関連物質」という比較的安全性の高い薬などもあり医師の指示どおり服用すればほとんど問題ないと言われていますが、まだまだ効き […]

寝る前にゆっくりぬるめのお風呂に入る

何か忙しいことが重なったり、ストレスで体が疲れると「お風呂にでもつかってゆっくり入ろうか」と考えます。入浴がストレスを解消させ、リラックスした気分をもたらしてくれることは、現代の脳生理学でも確かめられています。 人間の眠 […]

寝過ぎは快眠とは逆効果になってしまう

睡眠不足が続いてしまうと頭がすっきりせず、仕事や勉強もはかどりません。まず、集中力はほとんど機能しません。それでは眠れば眠るだけ頭はすっきりするのかというと、そんなこともありません。 睡眠不足もいけませんが、寝過ぎもそれ […]

心臓、胃に負担がかかるため左を下にして寝るのはNG

英国には「王様は仰向けに眠り、賢者は横向きに眠り、金持ちはうつ伏せに眠る」という古いことわざがあります。眠りの姿勢によってその人の性格がわかる、ということでしょうか。 医師の間にも眠りの姿勢については、それぞれさまざまな […]

寝る時のイメージトレーニングも入眠に役立つ

有名なアスリート多くが「イメージ・トレーニング」を取り入れています。イメージ・トレーニングとは、プラスのイメージ、成功するイメージを頭に措いて暗示をかけ、自分を実際の成功へと導く方法です。 このイメージ・トレーニングは、 […]

睡眠薬を使うときは受診して医師の相談の上服用する

慢性的な不眠が続くとどうしても「眠れない」が頭の中を巡ってしまい考え方もまとまらなくなったり、集中力が失われてしまったりします。 なんとかぐっすり熟睡できる方法はないかと思うのが普通です。 それでついつい手を出したくなる […]

睡眠不足というストレス

現代人は、ストレス社会で生きていますからどうしてもそれなりに悩みもたくさん抱えています。「いつも寝つきが悪い」とか「朝起きてもだるくて起きられない」とか「どうも最近よく眠れないんだ」と口にしているのは、周囲に何人かいるこ […]

就寝前の読書はジャンルによっては快眠に悪影響の場合も

読書は、覚醒から睡眠へと切り替えるにはおすすめです。しかし読む本をによっては逆効果になる場合もあるので注意が必要です。 あまりおもしろい本や興味のあるジャンルのを読むと覚醒中枢が刺激されて、かえって逆効果になり眠れなくな […]

意外なリラックス効果!下着(パンツ)を脱いで寝る

眠る時の意外なリラックス方法として一時期「パンツを脱いで寝る」ことが注目されました。体験者の詣では、これが腰痛や頭痛、肩こり、冷え性、便秘、高血圧など実に広く、さまざまな疾患に効くというのです。 確かに、人間はもともと裸 […]

寝室にも安眠できる環境づくりが必要

不眠は、体や心の問題から起こるだけではありません。寝室の環境づくりも大きく影響します。寝室の環境づくりについては、減点法より加点法で考えていくほうがいいでしょう。 たとえば、枕が固いとかふとんが重いとか、あるいは車の音が […]