睡眠薬に頼らずに眠りたい!「快眠ぐっすり酵素」

不眠のときにどうしても頼りたくなるのが「睡眠薬」です。最近は、副作用のほとんどない「ベンゾジアゼピン関連物質」という比較的安全性の高い薬などもあり医師の指示どおり服用すればほとんど問題ないと言われていますが、まだまだ効き過ぎて昼前、だるくなったり眠気がとれずにふらふらしてしまう副作用の心配はあります。

就寝前にいかに体をリラックスさせるかが快眠のポイントですが、心身をリラックスさせる際にポイントなる行動や習慣は人それぞれ異なります。睡眠2~3時間前にゆっくり半身浴を行ってリラックスできる人もいますし、クラシック音楽を聞くことでリラックスできる人もいます。
ベテランになると、寝室に入るだけでうとうとと気持ちよくなる人もいます。

パソコンやスマホなどを見る時間が多い現代人は目の疲れも快眠を妨げてしまいます。

そんな中、睡眠薬のような副作用の心配のない「快眠ぐっすり酵素」という快眠のための酵素があります。
大麦発酵酵素を 主成分としたサプリメント「セロトアルファ」は 本来の身体の機能を元に戻す手助けをさせて頂けるように開発した商品です。5の厳選素材をふんだんに使い飲むだけで眠ることが出来ます。大麦発酵酵素でセロトニンを活性化させることで快眠につながります。

「快眠ぐっすり酵素」の5つ厳選素材が快眠をサポート

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素」
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。