カテゴリー別アーカイブ: 未分類

うつ病患者の脳は睡眠中も活性化している

ノンレム睡眠でも脳が休めない状態に

うつ病のひとの睡眠が浅いこと、レム睡眠が長いこと、などをど説明してきました。睡眠の質の違いはわかったとして、実際の睡眠における脳の活動に、違いはあるのでしょうか?仮説としては、睡眠が浅い=「脳がしっかり休めていない」という予測が立ちます。

脳の活性化しているところが赤く、活動性が落ちているところが青くグラフィック化されるような脳機能画像があれば、わかりやすいですね。最新の脳画像技術を、うつ病を含めたこころの病気と睡眠についての研究に応用している世界第一人者が、アメリカ・ピッツバーグ大学精神科のエリック・ノフツインガ一教授です。

彼の研究によると、健康なひとでは、ノンレム睡眠中に脳の代謝は十分に低下していました。しかし健康なひとと比べて、うつ病の患者さんでは、代謝の低下度合いがいまひとつだという結果でした。うつ病の患者さんは、健康なひとに比べて、ノンレム睡眠中に脳が十分に休めていないのです。

さらに、人間の意欲や感情などをコントロールする、いわゆる「古い脳」といわれる大脳辺緑系が活性化していました。大脳辺緑系とは、今までも何回かたいじょえノかい登場した扁桃体、帯状回という部位です。

絶望せず、睡眠を改善することが治療の第一歩です

うつ病の患者さんの脳は、睡眠中ちゃんと休めていない、というのは医学的な事実のようです。さらに、扁桃体など「古い脳」がレム睡眠中に活発になっているということは、うつ病とレム睡眠のメカニズムとのあいだに、なんらかの関係があると思われます。

「脳機能画像でどこそこが活性化していた」といったデータを、セロトニンやノルアドレナリンなど神経伝達物質の知見と結びつけられれば、さらにうつ病の解明とともに、健康なひとの睡眠に関する研究も進むと思います。

レム睡眠中はアセチルコリンという物質の分泌量が増えることがわかっています。ほかにも睡眠に関する化学物質には、ホルモンのメラトニン、神経ペプチドのオレキシンなど、さまざまな物質が関与しています。将来は遺伝子も含めた研究に発展して、病気の治療にむすびつけばと思っています。

うつ病の初期治療でいちばん重要なのは、睡眠と食欲を改善きせることです。なぜなら、食と眠りがまずよくならないと、心身ともに疲弊してしまい、「もう治らないんじゃないか」という絶望感を強くしてしまうからです。まず不眠を治して、治療に対する期待を高める。日常の臨床でも、うつ病と睡眠との関係は、切っても切れないのです。

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」で睡眠薬が不要に

睡眠薬に頼らずに眠りたい!「快眠ぐっすり酵素」

不眠のときにどうしても頼りたくなるのが「睡眠薬」です。最近は、副作用のほとんどない「ベンゾジアゼピン関連物質」という比較的安全性の高い薬などもあり医師の指示どおり服用すればほとんど問題ないと言われていますが、まだまだ効き過ぎて昼前、だるくなったり眠気がとれずにふらふらしてしまう副作用の心配はあります。

就寝前にいかに体をリラックスさせるかが快眠のポイントですが、心身をリラックスさせる際にポイントなる行動や習慣は人それぞれ異なります。睡眠2~3時間前にゆっくり半身浴を行ってリラックスできる人もいますし、クラシック音楽を聞くことでリラックスできる人もいます。
ベテランになると、寝室に入るだけでうとうとと気持ちよくなる人もいます。

パソコンやスマホなどを見る時間が多い現代人は目の疲れも快眠を妨げてしまいます。

そんな中、睡眠薬のような副作用の心配のない「快眠ぐっすり酵素」という快眠のための酵素があります。
大麦発酵酵素を 主成分としたサプリメント「セロトアルファ」は 本来の身体の機能を元に戻す手助けをさせて頂けるように開発した商品です。5の厳選素材をふんだんに使い飲むだけで眠ることが出来ます。大麦発酵酵素でセロトニンを活性化させることで快眠につながります。

「快眠ぐっすり酵素」の5つ厳選素材が快眠をサポート

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素」
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。