ゴールデンタイムの睡眠を生活習慣に活用すれば肌も美しくなる

「昨日の飲み会が深夜2時までだったから今朝は肌がボロボロ」というような会話は女性のあいだでよく交わされています。睡眠不足と美容の関係、これは女性なら誰でも気になります。一般に、肌の美容のためには夜10時から12時までに眠るのが大切だといわれています。

こうれは、どうしてなのでしょう。

体が活発に動いている昼間は、血液もエネルギーも大半は筋肉や脳に使われます。しかし夜になると体は次第に休息状態に入り、眠ってしまうと皮膚を流れる血液の量が増加します。また同時に昼間とは違ったホルモンが分泌されるようになり、これが細胞に栄養を与え、細胞を成長増殖させ、疲れたり、痛んだ部分を修復させます。

本来、夜の10時というのは、人間の自然な生活リズムにおいては深い眠りに入るのには、最適な時間滞です。この時間にスムーズに深い眠りに入れば、細胞の修復作業も念入りに行なわれるので、肌も一層つややかさを取り戻すことができるでしょう。

もちろん美容だけではなく、健康にもいいことはいうまでもありません。しかし現代の生活では、10時という時刻に眠りにつくなど、仕事をしていたり、家庭がある人には、ほとんど不可能でしょう。最近では、小学生も塾などで夜10時に寝るのは困難なくらいです。

肌の美容にとってのゴールデンタイムも、もっとずれこまざるをえません。「夜の10時から12時」という時間はあくまで目安と考えて、自分の生活リズムにあったゴールデンタイムを見つけ、その上で規則正しく眠ることが大切です。

睡眠時間が規則正しく必然的に生活のリズムも正しくなります。体の機能もきちんとしたリズムを取り戻して、体調も良くなり、そして肌は自然に美しくなることでしょう。

「ゴールデンタイムの睡眠を生活習慣に活用すれば肌も美しくなる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください