睡眠薬に頼らずに眠りたい!「快眠ぐっすり酵素」

不眠のときにどうしても頼りたくなるのが「睡眠薬」です。最近は、副作用のほとんどない「ベンゾジアゼピン関連物質」という比較的安全性の高い薬などもあり医師の指示どおり服用すればほとんど問題ないと言われていますが、まだまだ効き過ぎて昼前、だるくなったり眠気がとれずにふらふらしてしまう副作用の心配はあります。

就寝前にいかに体をリラックスさせるかが快眠のポイントですが、心身をリラックスさせる際にポイントなる行動や習慣は人それぞれ異なります。睡眠2~3時間前にゆっくり半身浴を行ってリラックスできる人もいますし、クラシック音楽を聞くことでリラックスできる人もいます。
ベテランになると、寝室に入るだけでうとうとと気持ちよくなる人もいます。

パソコンやスマホなどを見る時間が多い現代人は目の疲れも快眠を妨げてしまいます。

そんな中、睡眠薬のような副作用の心配のない「快眠ぐっすり酵素」という快眠のための酵素があります。
大麦発酵酵素を 主成分としたサプリメント「セロトアルファ」は 本来の身体の機能を元に戻す手助けをさせて頂けるように開発した商品です。5の厳選素材をふんだんに使い飲むだけで眠ることが出来ます。大麦発酵酵素でセロトニンを活性化させることで快眠につながります。

「快眠ぐっすり酵素」の5つ厳選素材が快眠をサポート

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素」
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。

寝る前にゆっくりぬるめのお風呂に入る

何か忙しいことが重なったり、ストレスで体が疲れると「お風呂にでもつかってゆっくり入ろうか」と考えます。入浴がストレスを解消させ、リラックスした気分をもたらしてくれることは、現代の脳生理学でも確かめられています。

人間の眠りは、体温が低下していくときに自然に訪れるようになっています。入浴して体を温めると体温は当然上がり、風呂を出ると同時に再び下がり始めます。ということは、自然に眠りが誘われることになります。

これを入眠に活用しない手はありません。とくにストレスが高まったり、生活のリズムが乱れたときなどには非常に有効な入眠誘導手段となります。

人浴は単に体温の変動によって入眠を誘うだけではなく、体の疲れをいやし、汗や汚れによる不快感を取り去り、首や肩のコリなどの筋緊張をやわらげてくれます。
最近は入浴剤も豊富に売られているので、こうしたものを使えば効果はさらに高まることでしょう。
バスソルトと精油を混ぜるとさらに効果大です。
入浴時にバスソルトと精油を混ぜる | アロマテラピーの効能・効果

ただし熱い風呂は逆効果です。熱い風呂に入ると体温は急上昇します。その結果、循環器系に大きな負担がかかり、汗も大量に出ます。そして熱い湯から出て急に冷たい空気に触れると、体温調節のために交感神経の働きが活発になって、血管を収縮させたり血圧を上げたり、筋肉を緊張ざせたりすることになるのです。

睡眠は副交感神経の活動によるものですから、交感神経が活発になれば入眠状態からは遠ざかってしまいます。したがって、就寝前の風呂は、ぬるめのお湯に20~30分つかって、ゆっくり体を温めるのがよいでしょう。リラックス効果大です。

いわゆる半身浴が就寝前にはおすすめです。
入浴で芯からじっくり温める方法 | 便秘は冷えが原因

寝過ぎは快眠とは逆効果になってしまう

睡眠不足が続いてしまうと頭がすっきりせず、仕事や勉強もはかどりません。まず、集中力はほとんど機能しません。それでは眠れば眠るだけ頭はすっきりするのかというと、そんなこともありません。

睡眠不足もいけませんが、寝過ぎもそれと同じようによくないのです。眠り過ぎて仕事や勉強の能率が落ちた、という経験をしている人は多いはずです。

実際、眠りすぎるとどうなるのか実験したアメリカの例では、注意力が低下し、仕事の効率も悪くなったということです。一般に、働き盛りの人では7~8時間以上眠るとかえって疲れが出てくるといわれています。これは寝疲れという症状です。

ベストな睡眠は90分の倍数になる6時間、7.5時間がいいとの結果もでています。

寝疲れは、だらだら眠っていると、目覚めの仕組みがうまく機能しないのです。実際に、どれだけ長く眠っても、熟睡状態を示す深い睡眠の量にはそう変化がありません。ロングスリーパー、つまり長く眠る人は、浅い眠りを延長しているのです。
ロングスリーパーについてはこちら

過剰な長い睡眠の場合にはかえって強いストレスなど精神的な問題を抱えていないか疑ってみる必要があるかもしれません。
ロングスリーパーは死亡リスクが高いのでですが、じつはショートスリーパーにも同じように死亡リスクが高いのです。
毎日10時間以上も寝ている場合には、やはり健康の害がないかどうか調べてみる必要があるでしょう。

心臓、胃に負担がかかるため左を下にして寝るのはNG

英国には「王様は仰向けに眠り、賢者は横向きに眠り、金持ちはうつ伏せに眠る」という古いことわざがあります。眠りの姿勢によってその人の性格がわかる、ということでしょうか。

医師の間にも眠りの姿勢については、それぞれさまざまな議論があります。整形外科の医師に言わせると、若い女性に増えている背骨がゆがむ脊椎側湾症は、仰向けに寝かせるようにすれば治るということです。

心臓や胃腸などに負担をかける姿勢もあれば、逆に負担を軽くする姿勢もあります。極端なところでは、心臓の悪い人は仰向けで眠ることができません。おもしろいのは相撲取りの寝姿です。相撲取りはほとんどが横向きかうつ伏せで眠り、仰向けに寝る人はいないといいます。
これは、仰向けだとおなかの脂肪が心臓を圧迫したりするからでしょう。

では、一般の健康な人はどんな姿勢で寝るのがよいでしょう?どの姿勢がよいかは個人差があっていちがいには断定できません。けれど、医師たちの間でだいたい一敦しているのは左を下にして寝るのはよくない、ということです。

左を下にして寝ると、第一に心臓が圧迫されて働きが制限されます。それから胃の出口になっている幽門部が上になってしまい、食べたものが腸の方に出ていきにくいのも、理由の1つです。

多くの医師は、仰向けでもうつ伏せでも、とにかく足を伸ばして脊椎をまっすぐに保って寝るべきだと言っています。

寝る時のイメージトレーニングも入眠に役立つ

有名なアスリート多くが「イメージ・トレーニング」を取り入れています。イメージ・トレーニングとは、プラスのイメージ、成功するイメージを頭に措いて暗示をかけ、自分を実際の成功へと導く方法です。

このイメージ・トレーニングは、「入眠」にも応用できます。いやなことやストレスのたまることがことがあっても、就寝の前にイメージ・トレーニングをして、頭の中をプラスのイメージでいっぱいにしてしまうのです。

つまり、プラスのイメージを心に思い浮かべれば、そのイメージに合った神経回路を使う状態が頭の中で再現されることになります。そしてそれを繰り返すことによって、実際に何かをしようとした場合でも、たちまちプラスのイメージの神経回路が働くようになるのです。

心理学では、心に黒板をイメージし、気になることやイライラや不安を全部書き出して、それから今度は黒板消しで「そんなことは何でもない」と言いながら1つ1つ消して行く作業を頭の中で行うといいとうのは、これもイメージトレーニングです。

睡眠薬を使うときは受診して医師の相談の上服用する

慢性的な不眠が続くとどうしても「眠れない」が頭の中を巡ってしまい考え方もまとまらなくなったり、集中力が失われてしまったりします。
なんとかぐっすり熟睡できる方法はないかと思うのが普通です。

それでついつい手を出したくなるものといえば、まずアルコール、それから睡眠薬でしょう。新しい睡眠薬は、昔に比べれば副作用が少なくなってきたので手軽に服用できるようになっています。処方箋不要で購入できる睡眠薬はこちらです。

といってやはり薬は薬です。使い方によっては副作用も心配です。しかし、眠れない日が何日も続くような場合は、薬も服用すれば、それなりの効果があります。いったん熟睡できればすぐに薬をやめれば習慣化することもないでしょう。
旅行のとき、入院のときなど限られた時だけ使う場合もあるでしょおう。

ただ、高齢者の場合は薬の分解能力が落ちているので、若い人に比べて副作用があらわれやすいので、最悪の場合、認知症に似たような症状を引き起こすこともあるのです。服用の際には、必ず医師と相談するようにしてください。それから、睡眠薬をお酒と一緒に飲むことだけは、絶対にNGですので注意しましょう。

睡眠不足というストレス

現代人は、ストレス社会で生きていますからどうしてもそれなりに悩みもたくさん抱えています。「いつも寝つきが悪い」とか「朝起きてもだるくて起きられない」とか「どうも最近よく眠れないんだ」と口にしているのは、周囲に何人かいることでしょう。

確かにストレス因子の多い現代社会は、眠りには決してよい環境とはいえません。といって文明や都市生活を否定してしまうこともこれまた不可能です。

そういう意味では、不眠は現代社会の必要悪ということでまとめるしかありません。自然界に生きる動物だったら、こうした不眠はたちまち死に直結してしまいますが、人間の場合には住居も食べ物も生活環境も一応満たされているので、眠らないからといってそれが命を脅かすといったようなことはありません。

問題なのは、十分寝ているにもかかわらず、自分は睡眠不足だと思い込んでいるような人が増えていることです。心配ごとがあって2、3日眠れなかったというだけで、「ああ、眠りたいのに眠れない。早く寝ないとまた明日が大変だ」とそのことばかりを意識しすぎて、かえって熟睡できないでいる人たちが、多いのです。

これは不眠ではなく、「睡眠不満足症」とでもいった方が正確でしょう。こうした人に「大丈夫、人間は2、3日眠らないからといって死にはしません」だとか「あなたはたっぶり寝てますよ」と言っても、まず解決にはなりません。

脳波を取って「ほら、あなたはこんなにぐっすり眠っているのですよ」と見せても、こういう人はデータそのものを否定してしまいます。睡眠不満足症はとても厄介で、いまのところいい治療の方法がありません。解消するにはやっばり本人の考え方を変えてもらうしかないのです。
気分転換や、問題となっているストレスを解消することからはじめるのがいいでしょう。
そして「十分な睡眠とは8時間という思い込みを捨てる」も大切です。

就寝前の読書はジャンルによっては快眠に悪影響の場合も

読書は、覚醒から睡眠へと切り替えるにはおすすめです。しかし読む本をによっては逆効果になる場合もあるので注意が必要です。
あまりおもしろい本や興味のあるジャンルのを読むと覚醒中枢が刺激されて、かえって逆効果になり眠れなくなってしまいます。
次々に展開がおもしろくてやめどきがわからなくなってしまいます。

たとえばミステリーです。これはもともと謎解きやスリル、サスペンスを楽しむために書かれているわけですから、脳が興奮しないはずはありません。次から次に興味をかきたてられ、読み終えて気がついたら朝になっていた、などということになりかねないので、注意します。また、同じように興味のある分野は注意します。

もしも眠れるようなミステリーに出会ったとしたら、それは駄作だということにほかならないでしょう。また、仕事に関する本なども同じように危険です。
読んでいる最中にあれこれ頭を使いすぎて、寝ようと思ってももう眠れなくなっているといったことがしばしばありました。眠れないときには哲学書を読め、とは昔からいわれてきたことです。
ひとことでいって、むずかしいもの、おもしろくないもの、つまり脳が拒否反応を起こしてしまうような本が入眠のためにはよいのです。

そういう意味では事典や六法全書、あまり得意でない外国語で書かれた本のようなものもいいかもしれません。ちなみに、本を読む姿勢も大切で、眠りたくないときには腹ばいになって、また眠りたいときには仰向けの姿勢で読むのが効果的です。すぐに寝られる態勢の仰向けで読んでいると、手にした本がパタリと落ちてくることもあります。

意外なリラックス効果!下着(パンツ)を脱いで寝る

眠る時の意外なリラックス方法として一時期「パンツを脱いで寝る」ことが注目されました。体験者の詣では、これが腰痛や頭痛、肩こり、冷え性、便秘、高血圧など実に広く、さまざまな疾患に効くというのです。

確かに、人間はもともと裸で眠っていたわけですし、体をしめつけるパンツを脱げば、それだけで血行もよくなるでしょう。もちろん、体を解放しリラックスして寝るのは、熟睡のためにもよいことです。

若い女性のように「体型が崩れるから」とブラジャーやガードルをつけたまま寝たのでは、とても熟睡は望めません。

冬は寒いので抵抗のある人でも夏になるとパンツを脱いで寝てみるものも試していただきたい快眠方法です。その方が熱も湿気もこもらずによく眠れます。おなかの冷えを防ぐためにパジャマは着て寝ていますが、これでもかなり効果があるのはいうまでもありません。

寝室にも安眠できる環境づくりが必要

不眠は、体や心の問題から起こるだけではありません。寝室の環境づくりも大きく影響します。寝室の環境づくりについては、減点法より加点法で考えていくほうがいいでしょう。

たとえば、枕が固いとかふとんが重いとか、あるいは車の音がうるさいなどといったように、「環境」の問題について必要以上に神経質に考えて、減点していく方法ではなく、寝室の壁に自分の好きな絵をかけたり、好きなデザイナーのパターンが描かれたベッドカバーをかけたり、間接照明で光をうまく使ったり、好きな香りやサウンドを流したりする加点法で考えるのです。

それだけで気持ちが豊かになって、快適な寝室空間が得られるようになるものです。快眠のための環境というより自分がその部屋にいて心地いい環境づくりを重視すれば自然に眠れるようになるでしょう。

寝室を自分の「王国」にしてしまえばいいのです。誰にも邪魔されない自分だけの世界、自分だけのゴージャスな空間。といって、何もぜいたくな寝室にしろという意味ではありません。子供のころにそうしたように、自分の好きなものを枕元に並べるだけでも十分なのです。

肝心なのは、そこに入ると自分の世界にひたることができて、楽しい気分になるような環境づくりがいいdしょう。ベッドサイドにはテレビとラジオを置いてもいいですし、原稿用紙とペンも用意しておいて、ちょっとした仕事をしたりアイデアを書いたりする環境もいいでしょう。

いかに自分にとっては、それだけで寝室が心地いい場所になるかがポイントです。

不眠を快眠に変える快眠方法と知識